Chef's Profile
琴浦町生まれ。
大阪あべの辻製菓専門学校卒業。
鳥取県米子市皆生「ウィーン菓子リンツ」入社。
2000年に地元琴浦町に「ウィーン菓子リンツ」OPEN。
現在に至る



食材へのこだわり

当店が使用しているこだわり食材について紹介します。

当店のお菓子は、すべてお客様の「美味しい!!」を求めて日々進化しています。
素材選びも大切な【味】を作る工程のひとつだと考えます。

顔の見える地元の人々が生み出した素晴らしい商品を生かした『安心・安全』なお菓子作りが出来ることに感謝しています。
国内(北海道・九州・琴浦町産)で収穫された小麦粉を使用。
収穫量も多くなく、値段も高い国産小麦ですが、グルテン(小麦の粘り成分)が多く含まれ、外国産小麦では出すことの出来ないしっかりとした食感と独特のうまみにこだわりました。
本来ならば軽い触感の求められる今日ですが、当店では小麦本来の美味しさを追求し、国産小麦を使用しております。
岸田牧場の『牛乳便り』利用。
牛たちのストレスにならないように自由に歩き回ることのできる広い牧場、こだわりの飼料や牧草、新鮮な地下水など、配慮のなされた環境の下で育った健康でグルメな牛から絞られる最高の牛乳を使用しております。
『白バラ印』の大山(だいせん)乳業のバターとクリームを使用。地元鳥取で生まれた生乳を使用した、これぞまさしく鳥取の自然の味わいです。品質は国内でもトップクラス。
牛乳の優しい味わいと香りがいっぱいの生クリームとバターで皆様に愛されるお菓子作りをしたいという思いです。
今では日本でも負けないくらいの美味しいチョコレートが作られていますが、本場の味をお届けしたくて世界基準のチョコレートにこだわっています。
古くからのヨーロッパブランドのチョコレートはやはり逸品です。
産卵後、すぐに紫外線で殺菌して出荷している新鮮な夢広たまご。ニワトリに与える水にはキチンキトサンや米酢・黒酢などを混ぜ、飼料には海藻・にんにく・唐辛子を加えています。黄身の色も鮮やかで、白身の盛り上がりも抜群。(HPより抜粋)
菓子作りに欠かせない卵。安心安全さと上質さにこだわりました。